ピザといえば、ネギピザ

今週のお題「ピザ」


あなたはピザが食べたければ、どうしますか?

今すぐに食べたければ、宅配ピザを注文するでしょう。時間があれば飲食店でピザを注文すれば良い。

時間はあるけど、お金をかけたくないなら、スーパーの惣菜売り場を買ってきます。

メーカー品のピザを買ってきて、家で焼いたって良い。


でも宅配ピザは存在しなくて、歩いていける範囲にピザを出すような飲食店がなくて、惣菜売り場にピザは置いていないなら?

メーカー品のピザを買ってくる?それとも作る?


以前は田舎に住んでいたので、ピザは手作りしていました。メーカー品のピザでも良いのですが、子供達は食べ盛り。1人で一枚食べる勢いなので、とても間に合いません。


ホームベーカリーでピザ生地を作って、ソースや具、チーズを乗せて、焼く。自分で生地を作るから、厚くて重い生地でも薄くてクリスピーな生地でも思いのまま。


そのピザの中でも特に評判が良いのが、ネギピザ。生地の上にマヨネーズと醤油を伸ばして、七味唐辛子を振る。

その上にてんこ盛りの青ネギ。てんこ盛りでも大丈夫。焼けばぺたんこになります。

上からチーズを乗せてカリッと焼くだけ。


ピザのくせにジャパニーズな味わいで、酒飲みにも子供にも喜ばれます。


冬になれば、ずっと鍋でも生きていける

今週のお題「鍋」

鍋はすごいぞ!適当に材料を入れて、市販の鍋つゆを入れれば、あら不思議。

誰が作っても大抵食べられるものが出来上がる。そしてかなりの確率で美味しい。


今週はおでんを作りました。おでんには気合が入る。まず、牛すじは最低でも500gは買ってくる。できれば1キロ欲しい。

これを下茹でしてから、昆布だしベースで日本酒、味醂、醤油だけでコトコトと煮る。


別鍋では下茹でしてから、合わせ出し、味醂、醤油で煮込んで、冷蔵庫で冷やして置いた大根が丸っと一本分。


更に別鍋には合わせ出し、味醂、醤油、塩で味付けしたおでん出しを作っておく。

ここに、茹で卵、下茹でした蒟蒻、油抜きした厚揚げを入れて、煮る。これが煮えたら、大根を入れて温める。

練り物は食べる10分程前に入れて温めてるだけ。


出来上がれば、ねり辛子をたっぷり添えていただきます。

別鍋の牛すじは大根や豆腐に添えて食べると、いとうまし。


さてそうなると、合計三個の鍋でできた煮汁が余ります。美味しい煮汁は、美味しく最後までいただいてしまいたい!


そこで少し煮詰めて、甘辛く味付けにします。そしてすき焼きの割下として、再び登場してもらいます。


今回はこってりめの味付けなので、すき焼きの締めはうどんを投入。


隅から隅まで、はい、ご馳走様でした。

瓶詰めを作成中

 夜になってから急に思いたって、凝った料理を始めることってありませんか?

 数年に一回ぐらいそういう衝動に駆られてしまいます。今日がそういう日だったらしい。


 そもそも田舎から、りんごが箱で届いたのです。今年は自然災害のせいで、出来が良くありません。いつもならロウで作ったサンプルみたいなりんごが届くのに、今回はあちこちに傷があります。

 仕方がないので、ジャムにしちゃいました。とりあえずは1キロのりんごを煮詰めてみたところ、ジャム瓶が5個できました。


 実は冷蔵庫には秋に作ったイチジクジャムが、2瓶も残っています。瓶詰めのジャムって封を開けたら、一週間ぐらいで食べきらないとダメでしょ。

 同じ味のものをパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりが一週間続くと思うと、つい開けられない。

 だから瓶を開けない、そして瓶詰めが溜まっていくという訳です。


 こうなったら誰かを騙して、瓶詰めを貰っていただきましょう!

 さて誰にしましょうかね。

運動不足の基準って、どこなんだろう?

今週のお題「運動不足」だそうですが、今日は台風がきてしまったので、明らかに運動不足です。お昼ご飯を、夕食前に消化できてない感じ。


普段は通勤だけで1日に5キロは歩いています。携帯電話のヘルスケアを見ると、1日の歩いた歩数や距離がわかるから、この点は間違いなし。

でも、自宅で家事をしてしている時や仕事中は携帯電話を持ち歩きません。だからその間の歩数まで入れると、1日に7〜8キロぐらいは歩いていそうです。


だから連休になると、本当に調子が狂います。普通の家事だとそんなに動かなくても終わるから、途端に運動不足です。

掃除はちょっと埃をとって、掃除機を使えば終わり。料理は絶対に1時間以上はかからない。洗濯だって洗濯機を2〜3回回しても、そんなに体力を使うわけじゃない。

しかも、休日は平日よりも寝る時間が長くなるから、ますます疲れない。


最近では、週明けの出勤日になると、ほっとするようになってきました。

こうなると休日の運動不足を解消する方法を真剣に考えるべきですね。

ちょっと反省。


桜の季節になると思い出す事

今週のお題「桜」

自分の小学校の入学式で桜が咲いているのを知った時から、桜が好きです。

冬の寒さの中でほんのりと蕾が膨らんでくる様子も良いし、咲けばもちろん綺麗、散り初めも美しい。特に落花盛んな木の下にいると「このまま死んでもいい」と思えるぐらい、好き。


そんな桜を観るために、奈良の吉野山へ行ったことがあります。

電車は行楽客で混んでいて、朝の通勤ラッシュに近いぐらいの混みようでした。そんな中でおじいちゃんが扉近くで立っていました。腕のなかには1〜2歳の小さな子供がいて、窓の外を熱心に眺めています。おじいちゃんが上手にあやすものですから、その子は満員電車の中でもご機嫌よくしていました。


アナウンスがあって、終点の駅では全部の扉が開くと言われました。そして終着駅で扉が開くと同時に、小さな子供の腕が電車の戸袋に飲み込まれたのです。

それまではおじいちゃんの立っていた側の扉は駅についても、たまたま開かなかったです。それが終着駅で開いてしまい、戸袋近くに立っていた為に子供の腕がはまってしまったようです。


家族の人が急いで駅員を呼んで来ましたが、客が降りるまでは扉は閉められないと言われてしまいます。子供はギャンギャンと泣くし、おじいちゃんは駅員に怒っています。


でも満員の電車から人が降りてしまうまで、扉を閉められないのも仕方ないです。でも子供の事を考えると、落花盛んで全てが桜に包まれている様子を見ても、心からは楽しめなかったのです。



二度あることは

最近は何かと運が悪い。

車をぶつけて、修理に出したと思ったら、次は娘が車をぶつけてしまいました。
そうかと思えば、職場で自然災害にあってしまい、その対応に右往左往したり。それが一度ならまだしも、二度もあったのです。
健康診断の結果が悪くて凹んでいたら、早々に目に異常を感じて、眼科に行ったりもしました。

重大な被害にあうわけじゃないけど、運が悪いとしか言いようのない被害に続けてあうのはどうも気になります。

これは厄除けをするべきだ、と決意して、京都の祇園祭で厄除けの粽を買ってきました。
ついでに厄除けのろうそくも奉納したのですが、あれって人がろうそくを買ってろうそく立てに立て終わるまでは子供たちの可愛い歌声は止むんですね。
ろうそくに火をつけて、立ててしまうまで、子供達や観光客の視線を一身に受けて参りました。かなり恥ずかしかったのですが、ご利益はあったと信じています。

どうか三度目はありませんように。

マッサージ器の威力が、ハンパないって話

 12月に入って焦っていました。なぜなら携帯会社からもらえるポイントが12月末で失効するから。

 『2年以上携帯を変えずに契約してくれた人にはポイントをプレゼントしちゃうから、好きなものをもらってね』と連絡がきたのが2か月ぐらい前。同じ時期に同じようにポイントをもらった娘は、早々に財布をもらって使いまくっている。

 羨ましいじゃん。でも、財布はいらね。

 ポットもいらないし、加湿器もいらない、いざとなればタオルをもらうつもりだけど、それは最終手段にしたいところ。だからもらうものを決めないといけません。


 で、新作のマッサージ器が投入されたところで、ぽちっとな、です。


 よくあるタイプの小型マッサージ器で、椅子において背中や腰をマッサージしてもよし、床に置いて足の裏をマッサージしてもよし、の代物です。
 我が家にある無印良品の人をダメにする椅子とセットで使うと、もうダメです。ダメになるだけじゃありません。廃人になります。燃え尽きたジョーみたいになっちゃいます。マッサージ器は15分経過すると自動でストップするのですが、それを3回もやっちゃいました。つまり45分は動けなかったのです。動く気0%にされちゃいました。

 職場は立ち仕事だから、職場の人たちで整体やマッサージに通う人が多いのです。その気持ちがよくわかる。本当に次の日の体が軽いこと、軽いこと。角栓が取れるシールを初めて使ってびっくりした時以来のショックです。

 でも、そのマッサージ器を見た旦那様に『戸建てを買ったらマッサージチェアーって言ってなかった?』って、過去の約束を掘り起こされてしまいました。
 やばっ!まだ覚えていたか!

 さてこちらをいかに誤魔化すか、今年の最後の課題です。